映画とポップコーン

このまえ映画のスチュアート・リトルをみました。
初めてみたのですが、コメディで、ネズミのスチュアートを養子に迎える話です。
スチュアート専用のミニチュアの洋服やかばん、コップなどもかわいく、楽しめます。
洋服を買いに行くシーンでは、おもちゃやさんの人形の服を試着して買うんです。
子供のころ、そういうのが好きだったような人はわくわくすると思います。
また、ネコも言葉を喋ります。ストーリーはともかく、みていて楽しかったです。
また養子に迎える両親があたたかい感じの人なんですよね。
最近、近所に映画の旧作を1本100円で借りられるところをみつけたので、喜んでそこに行っています。1週間借りられるので、ちょうど返しに行ったついでに新しいのを借りてくる感じです。
そこのレンタルショップにベイマックスが大きく宣伝用に飾ってあるのですが、よくよく見るとほんとにハリセンボンの春菜に似てますね。前を通ると、あ、春菜だと思ってしまいます^^
最近はポップコーンとお酒とナッツを食べながら映画を観ています。ポップコーンは本当に映画と合いますね。キャラメル味やチーズ味などいろいろな種類がスーパーで売られていますし、自分でつくると安上がりです。思ったよりも簡単にできます。

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ